茶グマ改善の近道~失敗しないケア手順

見た目年齢どころか凶悪犯罪者フェイスにもなるのが茶グマ

何とかしたい!

と思った人は恵まれています。

なぜかというと、黒クマと青クマは改善は相当困難、もしくはお金がかなりかかるからです。

しかし改善しやすい茶グマでも、試すべきケア手順があります。

適当にやっていると…「あれ?余計に濃くなってない…?」となるので注意。

ここでは、茶グマ改善を目指す人が試すべきケア方法を、試すべき順番を通して紹介します。

茶グマの原因を知らないと無駄無駄!

まず何からやればいいのでしょうか?

茶グマの茶色はいくつかの原因が考えられます。

その原因の中から、リスクがなくて対処しやすいものから試していくべきです。

茶グマの原因…つまり茶色くなっている色素は何か?というと、

  • メラニン
  • 最終糖化産物AGEs
  • 肌ステイン
  • 角質肥厚

のどれか…というより、茶グマで悩んでいる人はどれもが複雑に絡んでいる状態。

じゃあいっぺんにケアしちゃおう!となると、実は一つの原因をケアしようとすると他の原因の悪化になることも。

それに、自分の茶グマの主原因がどれかはパット見で分かりません。なので余計なケアをして悪化させる可能性もあります。

メラニン茶グマは後回しが正解

では何から始めたらいいの?

メラニンと最終糖化産物AGEsは刺激で増えてしまいます。

メラニンには美白成分ですが、全く刺激がない美白成分というのはなくて、人により大きな刺激になることも。

特に目の下は敏感なのでなおさら。

なので、まず美白化粧品によるケアはやらないのが正解。

自分の茶グマがメラニン主体なのかどうかも分からないですし、刺激リスクはとりあえず避けたいからです。

では何からか?

刺激リスクがなくて結果も分かりやすいのが、

  • 肌ステイン
  • 角質肥厚

の2つです。

この2つに共通するスキンケア方法は保湿。

ただの保湿ではなくて、肌水分量を安定的に引き上げる貯水ケアです。

だから茶グマケアの最初は貯水ケアからスタートです。

美白ケアより先に試すべき貯水ケアとは肌水分量上昇

貯水ケアって何?

一般的に保湿というのは肌表面を水分で湿らせ、それを維持するような内容です。

それももちろん意味があるのですが、最終的に得たいのは肌水分量が自前で維持できる自活保水力です。

そのためには、矛盾しているようですが肌水分量が一定上、そして安定的に維持されないと発揮されません。だから一度乾燥肌になるとなかなか改善されないのです。

この肌水分量を維持するのに欠かせないのがセラミドとアミノ酸などのNMF(天然保湿因子)です。

これらを直接角質層に浸透させて補ったり、その生成を促したりするのが貯水ケア。

だから表面的に潤す保湿ケアとはまた違うケア方法になります。

茶グマを追い出すターンオーバーに貯水ケアが大活躍

貯水ケアで茶グマが改善されるの?

貯水ケア自体が茶グマの茶色を消すことはありません。

肌のターンオーバーが順調に行われるように、肌環境を維持するのが貯水ケア。

つまり、停滞気味だったターンオーバーを促して、余計な茶色成分(メラニンなど)を追い出してしまうのが狙いです。

肌ステインは茶渋やコーヒーのあのステインと同じ。ターンオーバーで追い出されます。

また最終糖化産物AGEsも同じくです。

角質肥厚は古い角質が堆積して透明感を失い、肌色のメラニンが濃く見えてしまうのですが、貯水ケアによりターンオーバーが順調に進めばこれも改善されます。

ただ、目元は特にそうなのですが、肌水分量が上がるとかなり明るい印象になります。それにより茶グマの茶色に透明感が与えられて、かなり印象が軽く見える改善効果があります。

さらにセラミドなどを肌に増やすことでバリア機能もアップ。これまで刺激にさらされていたのなら、日々コラーゲンが破壊されていたことになります。それがなくなる、減少するということは、それだけ目元のハリ感、たるみ改善にも一役買ってくれることになります。

貯水ケアでイマイチ…ならメラニンとAGEsのケアを開始

貯水ケアでもイマイチだった場合や、もっと茶グマを改善したい!という場合は?

この段階になって初めて次のケアを考えます。

もし印象が明るくならないのなら、メラニンと最終糖化産物AGEsの生成が止まっていない、もしくは沈着していると予想できます。

どちらも作り過ぎられた分はターンオーバーが順調なら追い出されていきます。

しかし、作りすぎている状況が一緒ならあまり変化はありません。

ゴミを出す量が多いのに、多少部屋を掃除しても完全に綺麗にならないのと同じです。ゴミを出す量を減らさないかぎり根本的な改善に繋がりません。

また、ゴミはゴミでも軽くて持ち運びしやすいゴミもあれば、重くてこびりついたようなゴミもあります。

そういったものは解体するなり小さくしないと運び出せません。

頑固な茶グマの場合は、この作り出す根本的原因と、ターンオーバーにより追い出しやすくする両面のケアが必要となります。

目の下を極力刺激しない!それだけでメラニン茶グマが改善されることも

メラニン茶グマが増える原因は何?

メラニンは主に紫外線で増えますが、目の下だけ茶色くなるほど紫外線を浴びるのは不自然ですよね?

確かに目の下は皮膚が薄くて紫外線に弱いので、頬やおでこよりメラニンが作られやすいのは事実ですが、茶グマになるほどの差は普通ありません。

つまり紫外線以外でメラニンが増えているということ。

ではその刺激とは何か?

それは物理的な刺激です。

  • 洗顔時やかゆみでこすったときの手
  • メークの際のブラシやパフなど
  • 化粧品の成分

などなど、自分が刺激と自覚していないようなものでも、積み重なってメラニン色素が過剰に作られています。

特に女性の茶グマ原因はこの無自覚の刺激によるメラニン色素がよく見られます。

茶グマだけで済まない!シワ・たるみの主原因になる糖化・AGEs

最終糖化産物AGEsはまた違うの?

最終糖化産物AGEsとは、タンパク質と糖質が結合反応して起きる糖化の結果作られる物質。

この物質は茶色い色をしており、黄ぐすみの原因となることから、茶グマの茶色を濃くしてしまいます。

しかも、AGEsはコラーゲンを破壊するのを促進させてしまいます。

主な原因としては、急激な血糖値の上昇、そしてストレスや外部刺激などによる酸化があります。

とにかく刺激排除!メラニンもAGEsも刺激で濃くなる

メラニンとAGEs…どうすればいいの?

共通しているのは外部刺激により増えてしまうということ。

茶グマ原因となっているメラニンの場合、ほぼこれが原因。

AGEsの場合は生活や食生活が主原因ですが、外部刺激によりさらに悪化してしまうことから、スキンケア対策としては外部刺激を減らす、肌を刺激から守るのが改善方法となります。

美白化粧品なしでもメラニン茶グマケアは可能

メラニンやAGEsを早くターンオーバーで追い出すには?

茶グマのもとになるほど濃く沈着したメラニンやAGEsはどうすれば早く出て行ってくれるのか?

ターンオーバーを順調に保つのは当然ですが、それらに直接働きかける成分を試すのもいいでしょう。

ここでようやく美白成分の登場となります。

というのは、美白成分はどうしても刺激性が含まれるからです。

刺激がないように工夫されている美白化粧品も多いですが、それでもピリピリくるという人はいます。

何となく優しそうなビタミンCでさえタイプによっては結構刺激を感じやすいものです。

AGEsに関しては、美白成分ほどはっきりとした有効成分はありません。

ただ一部植物エキスにAGEsの構造をほどくものや、糖化に抵抗すうものがあります。また抗酸化成分も糖化に意味があるものです。

どちらにしても、茶グマ改善のつもりで美白化粧品を使用するなら、美白の強さで選ばず、刺激性の不安ができるだけ少ない、例えば敏感肌専門ブランドのものなどを優先すること。

いくら美白力が強くても、知らない間に刺激になっていたら、結局メラニンやAGEsを増やすことになりイタチごっこになります。

インナーケアで糖化茶グマはかなり改善が期待できる

インナーケアで気をつけることはある?

インナーケアでは最終糖化産物AGEsに深いかかわりがあるので、この点について意識しておくといいでしょう。

昔にGI値ダイエットというのが流行り、今でも糖質制限ダイエットなどで話題に出てきますね。

これは血糖値が上がる速度が遅い食べ物を意識的に食べることで、余分な糖質が中性脂肪となり、脂肪細胞が作られるのを防ぐ方法です。

この時点ではダイエットのことしか触れられていませんでしたが、この血糖値が急激に上がるというのが糖化反応を起こす大きな原因であることが分かってきました。

なので、早食いを避ける、食物繊維の摂取を心がける、といったこと。つまりは健康的な食事が茶グマ改善・予防に繋がるということは知っておいたほうがいいでしょう。

痩せすぎの人は青クマと黒クマが目立つのですが、太り過ぎの人は茶グマが目立ちやすいことからもこの話が想像できるのでは?

どの状態でも試して損なし!肌ステインケアならこれ

普段のメイク落とし、洗顔が知らない間に刺激となり、メラニン茶グマと糖化茶グマを増やしている女性が非常に多いです。

さらに茶色を底上げしているのが肌ステイン。

この肌ステインを落すのに適した現時点で唯一のオイルクレンジングがこれ。

オイルクレンジングは肌を乾燥させて刺激になると思っている人がいますが、このように肌脂質構造と似たオイルで、さっと浮かせるだけにすれば、スッキリしつつ刺激感を大幅にカット。肌も乾燥させません。

まさしく茶グマで悩む人のためのクレンジングです。

刺激性の不安もなく、茶グマの隠れた原因である肌ステインを追い出すオイルクレンジングです。

今までになかった肌ステインへの対処。これを研究の結果突き止めたのがブランドのアテニア。それがオイル成分であったことから毎日使うオイルクレンジングとして製品化されました。。

オイルクレンジングは目の周りの乾燥を招くと思われていますが、これは全くの嘘。

オイルクレンジングの高いメイク浮かし効果で短時間ケアすることで、クリーム状などのクレンジングより肌セラミドを奪いません。

スキンクリアクレンズオイルはわずか10秒で完了。肌ステインが蓄積するのも防ぐため、目元が簡単に明るい印象に。刺激性の不安もないので、茶グマが気になる人のメイク浮かしはぜひこれで。

POINT!
他にはない内容ながら2ヶ月分でたったの1,800円ほど。ドラッグストアで売っているようなものとは品質が違うのに抜群のコスパも始めやすい理由です。

まず始めに試したいセラミド貯水ケアができるスキンケア化粧品

一番最初に試したい貯水ケアが高水準で可能なのを集めました。

ただセラミドが入っているだけじゃない。高浸透技術が確かで長続きするもの。かつ敏感肌でもいける低刺激のものです。

一番悩みが深くて種類が多い目元に、クマやたるみといった種類にとらわれない、全ての悩みに対応した目元美容液です。

いいことづくめは逆に品質に不安が出ますが、b.glen独自のリポソーム浸透技術が、各成分が最も力を発揮できる深さと時間で作用することを実現。ただ詰め込んだだけではなく、科学的に意味があるアプローチを可能としています。

ベースはセラミドにEGF様などのグロースファクター。目の周りの印象を変える各種エイジングケア成分、貯水成分、天然オイルなどを複合化配合。

刺激性の不安なく、美白化粧品以外ではもっとも目元の印象を明るくできる内容です。

POINT!
トライアルは7日分。本商品を購入する場合は、自由ストップできる定期購入や大幅割引の定期ビッグセールの利用をお忘れなく。

敏感肌専門ブランドでセラミド重視の貯水基礎化粧品です。

さらに最終糖化産物AGEs構造を断ち切る植物エキス配合。糖化反応を加速させる微弱炎症、茶色を追い払うのを助ける促進成分と、刺激性の不安なくかなり積極的にAGEsケアができる類まれなる内容です。

さらに特許技術のヴァイタサイクルヴェールはワセリン並のバリア機能と水分蒸発防止機能があり、刺激で悪化する茶グマにストップをかけることができるのも優秀。

コラーゲン生成サポートまでありいたれりつくせり。アイクリームがもちろんベストですが、敏感肌専門ブランドということもあり通常のクリームでも問題ないのも嬉しいポイント。

POINT!
トライアルは10日分。非常に使いやすくて安心感が高いです。茶グマには美容液とアイクリーム又は通常クリームとの組み合わせが強力。

美白はちょっと…という人に試してもらいたいのはこれ

メラニン茶グマかもしれないけど美白化粧品を目元に使うのはちょっと心配…

と美白化粧品に抵抗がある人は、目の下専用のビタミンCクリームが使いやすいでしょう。

水溶性のビタミンCを浸透しやすくして刺激を抑えたタイプ。暗い目元を多重的に明るく見せることができるビタミンCの万能美容パワーを手軽に試すことができます。

目の下に少量ピンポイントで付けやすい注射器のような形状容器のアイクリームです。

主成分は特殊なビタミンC。ビタミンCは美白成分としても用いられてますが、アイキララはコラーゲン生成サポートとして採用しています。

これにより追い出しはもちろん、薄い目の下をカバーして茶色を目立たなくさせるのがこの製品の肝。

ビタミンCは一見肌に優しそうで実は刺激が結構あります。ただそれは酸化しやすいだけで、浸透しにくさが主な原因。さきほどのビーグレンのトライアルに含まれるビタミンC美容液はこれをクリアしており、アイキララも違う形でこれをクリアしています。

POINT!
今回のみの購入から、数回継続の割引コースがいくつか用意されています。ありがちな今回のみだと大幅に高くなることもなく、返金保証もあってかなり買いやすくなっています。

いろいろ試した!もう美白しかない!のならこれ

以下はどれもセラミド配合がラインナップにある貯水ケアも同時に可能。

なので美白有効成分を最高の状態で嫌な色にぶつけることができます。

※ハイドロキノン配合のものは夜のみに使用してください。昼間に使うと紫外線で変性して刺激になりやすくなり茶グマ改善が遠くなってしまいます。

糖化ケアに定評のあるアヤナスと同じの、敏感肌専門ブランドディセンシアの美白基礎化粧品です。

やはり目の下に使うということで敏感肌専門ブランドというのはこれ以上ない安心感があります。

非常に貯水パワーの高いヒト型ナノセラミドを透明感アップのためにアヤナスより強化。モッチリ感はアヤナスに劣りますが、明るさでは完全にこっちが上です。

アルブチンやビタミンC誘導体など美白成分もしっかり。でも敏感肌にしっかり対応というのは他製品にはありません。

もちろん特許技術のヴァイタサイクルヴェールもあり。物理的刺激から茶グマの悪化を予防します。

POINT!
トライアルは10日間。非常にさっぱりとしたつけ心地でベタつき知らずながら、冬場でもいけるくらいの高い貯水感が秀逸。

強力なハイドロキノンと使いやすいアルブチン、プラセンタ、ビタミンC誘導体などを刺激性をクリアし配合したドクターズコスメ。

美白化粧品の機能としては業界トップクラス。

その理由は配合成分の良さだけではなく、特に扱いの難しいハイドロキノンを安定的に肌に届けられる浸透技術のおかげ。

しっかり美白したい。でも貯水もしたい。でもでも刺激が不安という人にはこれ以上ない内容です。

POINT!
トライアルは7日間。夜のハイドロキノン。日中のアルブチンで24時間しっかり茶色にアプローチできる他にはない製品です。